思慮g ~考えるblog~

バージョンアップからこれまで

Movable Type 3.2にしたことで色々不具合があったので
ここに書き留めておきたい.

バージョンアップの報告を書いたエントリーにも追記で書いたが,
エントリーを更新する際にどうも500 Internal Server Errorがでる.
保存するだけならエラーは出ず,更新しようとする出る.
しかしエラーが出るにもかかわらず更新はわれているのが分からない.
また,pingの送信もできない.
実際はどのような順序で作業が行われているか分からないが,
仮説としてエントリーの保存→インデックスの更新→ping送信の順で作業が行われているとすると,
後ろ二つが実行されていないようなので,
要は”エントリーの保存”以降が実行されてない様だ.
保存だけはされているので,エントリーを保存した後に
インデックスの再構築を行えばトップページに投稿したエントリーが反映されるが,
これはあまりにも面倒だ.
また,ping送信に関しては代用策もなく困る.
色々見て回ったが,どうも初期のMT3.2にあったBerkeleyDBの不具合が3.2-ja-2になっても完全に改善されていないとか….
V.J.Catkick@さんの情報に拠れば”最近のコメント”を利用しなければ良いようだが,
私には有効ではなかった.
となると残るこの不具合の回避策はBerkeleyDBを使わない事しかない.
実はこの辺りの事をアップした当日にやっており,
どうもBerkeleyDBでは埒があかないと判断した私は,ついカッとなってSQLiteへの移行作業を開始した.
mt-db2sql.cgiの実行
そして失敗.
実は大した事は起きていなかったようなのだが,
移行作業のドサクサで1度MTが吐き出したindex.hmtlが通常使用しているindex.phpの変わりにトップで表示されつづけ,
その後の再三の再構築に対して,全て効果無しとの判断を下させる事となっていた.
3.2だと不具合があるし,頼みの綱のSQLiteへの移行もままならない….
半ば諦めつつ1日放置したのち,バージョンアップ後のデータを捨てて3.17へのバージョンダウンを決行する事にした.
データベースを操作できない私はデータベースごと丸々の移動しかできないので,
バージョンダウンの際も一部のデータを残しつつ作業するなどと言う器用な事はできない.
そのため,3.2へのバージョンアップ後にいただいた1つのトラックバックを捨てバージョンダウンを行ったのである.
そこまでしても何とか普通に使えるようにしたかったからだ.
なんせ,この時点では不具合を伴ったバージョンアップ直後の3.2よりも怪しい動きをしていたからである.
少なくともその時はそう感じた.
かくしてバージョンダウンは成功し,前述のindex.htmlが邪魔をして再構築結果が反映されない事が発覚.
その発見のきっかけになっただけでもバージョンダウン甲斐は十分になったと思う.
原因がわかった私はバージョンアップ後の記事を元に戻すべく再び3.2の状態にして現在にいたる.
ちなみにここで行った”再び3.2の状態に“というのはバージョンアップではなく,
バージョンダウン時に丸ごと保存しておいた3.2の状態のファイルを丸ごとアップロードし,再現しただけである.
またバージョンダウンの時も同様で,目的の状態を丸ごと再現したに過ぎない.
丸ごと移動させる作業なので面倒ではあるが,データベースなど弄れず,
どのファイルがどう関係しているか分からない私には,このように全てを再現して
MTを騙すことしかできない.
このようにして1週回って再び3.2の不具合の壁にぶつかった訳だが,
いろいろ学んだ事も多かった.
1週した事による最大の収穫は,何よりも1週できる(もとに戻せる)と分かった事だろう.
今後何かをしでかしてもこの状態にまでは戻す事ができるとなれば,再び体勢を立て直すことができる.
最も元に戻った所で,本来あった3.2の不具合に関しては解決していないため,
何とかしなければならない.
近く何とかするつもりである.
そんな訳でしばらく不安定な状態になるかもしれません.
コメントやトラックバックができなかったり,消えたりするかもしれません.
ご了承ください.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です